講座の流れとポイント


CDNSのeラーニングには、次の4つのパターンがあります。それぞれの順序で学習を進めます。
プロセスマネジメント編
ISMS認証取得者のための個人情報保護 実施編
PMS構築担当者 基礎編
PMS実施運用編
情報セキュリティマネジメント基礎編
情報セキュリティマネジメント ビジネス編
苦情相談対応編
情報セキュリティ対策 入門編(パートナーコンテンツ)
マネジメントシステムに取り組むための基礎知識
法規適合性理解編
内部監査実施編
ISMS構築担当者 構築編
ISMS実施運用編
PMS構築担当者 構築編
内部監査編
内部監査員のための基礎知識
環境マネジメント基礎編
ISMS構築担当者 理解編
周知教育コース

「学習のポイント」とは学習テキスト、「理解度テスト」とは学習のポイントごとのテスト、「修了テスト」とは講座の最終テストのことをいいます。
3について
テキストの熟読:「ISMSユーザーズガイド ― JIS Q 27001:2006 ― (ISO/IEC 27001:2005)対応(JIPDEC)」を読みながらeラーニングを受講していただきます。
4について
テスト(問題作成機能):このコースは、オリジナルのテスト問題を作成し従業員に周知教育するものです。ご購入後、担当者がオリジナルでテスト問題を作成し利用します。



情報セキュリティマネジメントシステムを社内で構築・運用するためには、教育担当者は教育計画を立て実施し、進捗管理を行う必要があります。このeラーニング講座には、従業員一人ひとりの受講履歴やテストの合否等を確認できる管理機能がついていますので、従業員への評価が明確で、計画に沿った教育の実施が可能です。
 
 



このeラーニング講座の「おまかせパック」は、組織の目的に沿ったコースを、各講座それぞれの対象者に受講していただき、各層別に十分な理解が得られることを目的としています。
そのため、構築や運用にできるだけ適した時期にeラーニングを受講していただけるよう「おすすめ受講時期」を、ご提案しています。また、より計画性のある教育を実施できるよう「教育年間計画書」等のテンプレートを、無料でご提供させていただいております。

Copyright (C) 2002-2018 CDNS Corporation. All Rights Reserved.